東北芸術文化学会

お問合せ|ホーム

第69回研究例会 


東北芸術文化学会 第69回研究例会


 

今回は、弘前市の弘前大学を会場として、次の9件の研究発表が行われますので、多くの方々がご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。





口頭発表 (発表時間20分、質疑応答・交替時間を含め10分)


13:30―14:00

1.小学校木工作における接合法に関する一考察 ―組みつぎ・だぼつぎ編―


弘前大学大学院教育学研究科 馬場拓也 氏



14:00―14:30

2.主体的・協働的に学びを深める図画工作科指導の工夫

―高学年造形遊びの実践を通して―    


弘前大学大学院教育学研究科 八嶋孝幸 氏



14:30―15:00

3.青森ねぶたの造形的変遷に関する一考察


弘前大学大学院教育学研究科 工藤友哉 氏



15:00―15:30

4.発光する立体造形の特性について


弘前大学大学院地域社会研究科客員研究員 三浦俊一 氏



15:30―16:00

5.東北の画人・田澤 茂論


宮城教育大学教授 立原慶一 氏



<休 憩>



16:10―16:40

6.具象彫刻におけるシンボルを用いた表現について ―自己の制作より―


弘前大学教授 塚本悦雄 氏



16:40―17:10

7.彫刻家佐藤忠良の人間観


茨城県立友部特別支援学校教諭 齋藤亜紀 氏



17:10―17:40

8.ティーノ・ディ・カマイーノ作枢機卿ペトロー二の墓の普遍性


群馬大学名誉教授 團 名保紀 氏



17:40―18:10

9.中世芸道の美的理想の表象 ―<雪や氷>等― について


広島大学教授 青木孝夫 氏



■日時:平成28年2月27日(土) 午後1時30分 〜 6時10分

■場所:弘前大学教育学部4階 センター会議室(4-37)

弘前市文京町1番地

JR弘前駅から徒歩20分、タクシー(約5分)
バスを利用する場合(約15分)JR弘前駅[中央口]【3番のりば】「小栗山・狼森 線」または「学園町線」に乗車、【弘前大学前】で下車
20分。

■問い合わせ:弘前大学教育学部蝦名研究室 
           Tel:0172−39−3384 eatsuko@hirosaki-u.ac.jp 



IMG_40


第68回研究例会のご案内


東北芸術文化学会  第68回研究例会


 

今回は、仙台市の宮城教育大学を会場として、次の4件の研究発表が行われますので、多くの方々がご出席 下さいますよう、ご案内申し上げます。





13:30〜14:00

1.自己の制作について


東京芸術大学大学院 宍戸美友氏



14:10〜14:40

2.木彫による表現についての考察 〜螺旋を取り入れた形態〜


宮城教育大学大学院 久保さつき氏



14:50〜15:20

3.2015 中国(雲南・建水)での国際交流[柴焼創作活動]から


宮城教育大学教授 浅野治志氏



15:30〜16:00

4.東北の子どもの作品展示 ―「灯ろうで描く私たちの弘前」展 ―


弘前大学教授 蝦名敦子氏





■日時:平成27年10月4日(日) 午後1時30分 〜 4時

■場所:宮城教育大学6号館1階 美術実習室

仙台市青葉区荒巻字青葉149番地

JR仙台駅西口バスプール9番乗り場から、仙台市営バス「宮教大」「宮教大・青葉台」「宮教大・成田山」行 き乗車、「宮教大前」下車。所要時間約20分。

■問い合わせ:電話 022(214)3449



IMG_41



東北芸術文化学会第21回大会プログラム 

東北芸術文化学会第21回大会プログラム



■7月4日(第一日目)

◇日時:7月4日(土)午後1時 〜 午後7時

◇場所:「アエル」5階情報化研修室


<研究発表>

1.作品「2つの遠い稜線」における空間と情景についての考察

                  (午後1時30分~2時5分)

宮城教育大学教授 虎尾 裕 氏


2.ピカソの視覚革命を体験する─40分で創る構成的自画像─

                  (午後2時10分~2時45分)

新庄市立日新中学校教頭 伊藤 聡 氏


3.中国・台湾の「花燈」制作技法における防水加工技術の分析

                  (午後2時50分~3時25分)

弘前大学大学院地域社会研究科特別研究員 三浦俊一 氏


<休憩>


4.長井南中学校、長井北中学校3年全生徒による長井の心Tシャツアート展への取り組み

                  (午後3時45分~4時20分)

長井市立長井南中学校教諭 須田一成 氏

長井市立長井北中学校教諭 長谷部稚奈 氏


5.らくがきと芸術 ─らくがきにみる大衆的芸術観の拡大化─

                  (午後4時25分~5時)

MAP.守屋アートプランニング代表 守屋誠太 氏


6.長崎の教会とフランスのゴシック大聖堂

                  (午後5時5分~5時40分)

活水女子大学教授 津田礼子 氏


7.ねぷた灯籠製作をめぐる子どもの表現の展開 ―製作・鑑賞・展示―

                  (午後5時45分~6時20分)

弘前大学教授 蝦名敦子 氏



<懇親会>                          (午後7時~午後9時)

          会場:仙台ガーデンパレス 1F コルヌス
         仙台市宮城野区榴岡4-1-5
         Tel022-299-6211


■7月5日(第二日目)

◇日時:7月5日(日)午前9時~午後1時

◇場所:「アエル」5階情報化研修室


<研究発表>

1.ニューメディアアートにとって本質的契機をなすインタラクティヴィティについて

                  (午前9時~9時35分)

石巻専修大学教授 松俊之 氏


2.合唱作品《ひとつになる》─作詩・作曲の経緯と結実─

                  (午前9時40分~10時15分)

石巻専修大学教授 近藤裕子 氏


3.ピサ大聖堂内ルーポ・ディ・フランチェスコ作「モンテカティーニ戦没者達の墓」と影響としてのフィレンツェ・サンタクローチェ教会のジーノ・ミケーリ作パッツィ家の墓

                  (午前10時20分~10時55分)

群馬大学名誉教授 團 名保紀 氏


4.高校音楽気砲ける最上川舟唄を用いた学習の意図と展開について

                  (午前11時~11時35分)

山形南高等学校教諭 板垣和子 氏


5.保育者養成校における造形分野の授業研究―協働、参加を重視した壁面製作―

                  (午前11時40分~12時15分)

仙台白百合女子大学准教授 佐々木貴弘 氏



<総会>             (午前12時30分~1時)



第67回研究例会のご案内


東北芸術文化学会 第67回研究例会


 

今回は、弘前市の弘前大学教育学部を会場として、次の4件の研究発表が行われますので、多くの方々がご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。





14:00〜14:30

1.木材接合技法を用いた教材提案 ― だぼつぎ編 ―


弘前大学大学院修士課程 馬場拓也氏



14:40〜15:10

2.彫刻における手の表現について


弘前大学教授准教授 塚本悦雄氏



15:20〜15:50

3.津軽地方の「人形ねぷた」と中国・台湾の「花燈」の制作技法の比較分析


弘前大学大学院地域社会研究科特別研究員 三浦俊一氏



<休憩>



16:10〜16:40

4.地域の祭りと図画工作教材化の課題 ― ねぷた灯籠製作の実践を通して ―


弘前大学教授 蝦名敦子氏



■日時:平成27年2月21日(土)

■場所:弘前大学教育学部 美術教材室(4−49)

■問い合わせ:電話 0172(39)3384



IMG_37



第66回研究例会のご案内


東北芸術文化学会 第66回研究例会


 

今回は、仙台市の宮城教育大学を会場として、次の二件の研究発表が行われますので、多くの方々がご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。





15:00―15:30

1.児童生徒の芸術文化活動を通した学びとマネジメントについて


山形市立南沼原小学校教諭 小山田夏美 氏




15:40―16:10

2.臨床美術プログラムを活用した図画工作参画型授業の試み


東北文教大学准教授 河合規仁 氏





※ 発表20分、質疑応答10分です。




■日時:平成26年12月21日(日) 午後3時 〜 4時30分

■場所:宮城教育大学6号館1階実技実習室

仙台市青葉区荒巻字青葉149番地

JR仙台駅西口バスプール9番乗り場から、仙台市営バス「宮教大」「宮教大・青葉台」「宮教大・成田山」行き乗車、「宮教大前」下車。所要時間約20分。

■問い合わせ:電話 022(214)3449



IMG_036-1


第20回大会プログラム

東北芸術文化学会第20回大会プログラム



■7月5日(第一日目)

◇日時:7月5日(土)午後1時~午後7時

◇場所:「アエル」5階情報化研修室


<研究発表>

1.中学生によるアート空間での試み

                  (午後1時30分~2時5分)

弘前大学教授 蝦名敦子 氏


2.童謡「この道」の楽曲分析と「音楽機廚亮業における指導法についての一考察

                   (午後2時10分~2時45分)

山形南高等学校教諭 板垣和子 氏


3.「ナツツバキ~沙羅へ 十七絃箏独奏のための」作曲における一考察

  (午後2時50分~3時25分)

石巻専修大学教授 近藤裕子 氏


<休憩>


4.「連なる稜線~個展山並みより」空間と情景についての考察

                  (午後3時45分~4時20分)

宮城教育大学教授 虎尾 裕 氏


5.らくがきと芸術 「らくがき」にみる行為と態度

                  (午後4時25分~5時)

MAP.守屋アートプランニング代表 守屋誠太 氏


6.教えて考えさせる美術教育の一考察

                  (午後5時5分~5時40分)

長井市立長井南中学校教諭 須田一成 氏


7.地域に根ざした芸術活動の考察―アートの息吹展兇砲弔い董

                  (午後5時45分~6時20分)

     金山町立金山小学校教頭 伊藤 聡 氏


<懇親会>                          (午後7時~午後9時)

          会場:仙台ガーデンパレス 1F コルヌス
         仙台市宮城野区榴岡4-1-5
         Tel022-299-6211

■7月6日(第二日目)

◇日時:7月6日(日)午前9時~午後1時30分

◇場所:「アエル」5階情報化研修室


<研究発表>                  

1.ニューメディアアートの諸特徴

                  (午後9時00分~9時35分)

石巻専修大学教授 松俊之 氏


2.ルネサンス期イタリアのヴィラ及び庭園と自然のランドスケープ

                  (午前9時40分~10時15分)

活水女子大学教授 津田礼子 氏


3.新出の小ブロンズ製「聖セバスティアヌス」のドナテッロへの帰属

                 (午前10時20分~10時55分)

群馬大学名誉教授 團 名保紀 氏


4.F.シューベルトの交響曲第1番第1楽章初期交響曲におけるその独自性

(午前11時~11時35分)

東北大学大学院博士課程 橋本智明 氏


5.自己の制作と材料―今後の教材化に向けて―

(午前11時40分~12時15分)

弘前大学大学院修士課程 馬場拓也 氏


6.保育教材研究パネルシアター用ステージパネル「絵本型パネル」の製作法

(午前12時20分~12時55分)

仙台白百合女子大学准教授 佐々木貴弘 氏


<総会>             (午前13時~13時30分)



▲ページトップへ

お問合せ|ホーム