東北芸術文化学会

お問合せ|ホーム

第65回研究例会のご案内


東北芸術文化学会 第65回研究例会


 

今回は、弘前市の弘前大学教育学部を会場として、次の6件の研究発表が行われますので、多くの方々がご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。





14:00〜14:30

1.小学校図工科における映像表現の実践的考察

   ― 福村小学校をケーススタディとして ―


弘前大学大学院修士課程 斎藤雅高氏



14:40~15:10

2.らくがきと芸術


女子美術大学大学院博士課程 守屋誠太郎氏



15:20~15:50

3.津軽地方の人形ねぷた制作技法の分析 ― 台座部分の制作作業 ―


弘前大学大学院地域社会研究科特別研究員 三浦俊一氏



<休憩>



16:10~16:40

4.形をうつす ― 立体写真と肖像彫刻 ―(作品展示もあり)


弘前大学准教授 塚本悦雄氏



16:50~17:20

5.中学校における鑑賞教育の評価と指導のあり方


宮城教育大学教授 立原慶一氏



17:30~18:00

6.図工科の立体題材から生まれた共同製作


弘前大学教授 蝦名敦子氏



※ 発表20分、質疑応答10分です。



■日時:平成26年2月22日(土) 午後2時 ~ 6時

■場所:弘前大学教育学部 美術教材室(4−49)4F

■問い合わせ:電話 0172(39)3384



IMG_034


第64回研究例会のご案内


東北芸術文化学会 第64回研究例会


 

今回は、仙台市の宮城教育大学を会場として、次の二件の研究発表が行われますので、多くの方々がご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。





14:00―14:30

1.高等学校情報科における音楽教育


東北大学大学院博士課程 橋本智明氏




14:40―15:10

2.総合的な音楽力を高める授業の実践 ~創作活動を中心に~


山形県立山形南高等学校教諭 板垣和子氏





■日時:平成25年10月27日(日) 午後2時―3時10分

■場所:宮城教育大学6号館1階実技実習室

仙台市青葉区荒巻字青葉149番地

JR仙台駅西口バスプール9番乗り場から、仙台市営バス「宮教大」「宮教大・青葉台」「宮教大・成田山」行き乗車、「宮教大前」下車。所要時間約20分。

■問い合わせ:電話 022(214)3449



IMG_031


第19回大会プログラム

東北芸術文化学会第19回大会プログラム





◇大会案内(PDF)



■7月6(第一日目)


◇日時:7月6日(土)午後1時~午後7時

◇場所:石巻専修大学 5号館3階5303教室 ( http://www.isenshu-u.ac.jp/ )

 (石巻市南境新水戸1番地  電話0225-22-7717


<研究発表>


1.震災後の地域資源の見通しとアートマネジメント

                  (午後1時30分~2時5分)

石巻専修大学准教授 庄子真岐 氏


2.知覚的特性と美的特性との関係に関する一考察

    ― N.ハンフリーの進化心理学的仮説に依拠して

                  (午後2時10分~2時45分)

石巻専修大学教授 松俊之 氏


3.復興応援詩「ことば」作曲の背景にあるもの

                  (午後2時50分~3時25分)

石巻専修大学教授 近藤裕子 氏


<休憩>


4.「連なる稜線~円環を形づくる稜線より」 形態と空間についての考察

                  (午後3時45分~4時20分)

宮城教育大学教授 虎尾 裕 氏


5.彩磁と絵付の装飾効果の研究

                  (午後4時25分~5時)

宮城教育大学教授 浅野治志 氏


6.中学校における抽象絵画指導の実践

                  (午後5時5分~5時40分)

  長井市立長井南中学校教諭 須田一成 氏


7.中学1年生の自画像表現の考察

                  (午後5時45分~6時20分)

     金山町立金山小学校教頭   伊藤 聡


8.1900年代における写真表現―A.スティーグリッツとH.G.ポンティングの写真の比較―

                  (午後6時25分~7時)

東北大学大学院博士課程 矢島真澄美 氏


<懇親会>                          (午後8時~午後10時)


          会場:とりあえず吾平 石巻蛇田店
         石巻市蛇田字新大埣342
         Tel0225-21-5777



■7月7日(第二日目)


◇日時:7月7日(日)午前9時~午後1時30分

◇場所:石巻専修大学 5号館3階5303教室


<研究発表>                  


1.ヨーロッパ整形庭園における空間表象の特質と起源について

―フライ(Dagobert FREY)の分類の適用―

                  (午前9時~9時35分)

活水女子大学教授 津田礼子 氏


2.エゴン・シーレ作品における手の表現

                  (午前9時40分~10時15分)

群馬大学大学院研究生 金田佳子 氏


3.新出のブロンズ製キリスト像、その解釈とドナテッロへの帰属

                  (午前10時20分~10時55分)

群馬大学教授 團 名保紀 氏


4.学校教育における映像の役割

                  (午前11時~11時35分)

弘前大学大学院修士課程 斎藤雅高 氏


5.アート空間の活用弘前大学教育学部附属小学校を事例として

                  (午前11時40分~12時15分)

弘前大学教授 蝦名敦子 氏


6.幼児教育学科生による紙テクスチャを活用したボックスアート制作
紙で作るおべんとう箱より  

                  (午前12時20分~12時55分)

仙台白百合女子大学准教授 佐々木貴弘 氏


<総会>               (午後1時~1時30分)



第63回研究例会のご案内

 

東北芸術文化学会 第63回研究例会

 

 

今回は、群馬県高崎市のホテルメトロポリタン高崎を会場として、次の三件の研究発表が行われます。多くの方々がご出席下さいますよう、ご案内申し上げます。

 

 

 

15:0015:30 》 

1.青森県津軽地方と下北地方の灯籠制作技法の比較分析

 

弘前大学大学院地域社会研究科特別研究員 三浦俊一氏

 

 

15:4016:10

2.彫刻制作における素材との関わり自己の制作活動より

 

弘前大学教育学部准教授 塚本悦雄氏
 

 

 

16:2016:50

3.ティーノ・ディ・カマイーノのナポリ期大理石浮彫「聖母子」の新バージョン

 

群馬大学教育学部教授 團 名保紀氏



 

 

■日時:平成2539日(土) 午後

■場所:ホテルメトロポリタン高崎6階つぐみの間(JR高崎駅西口直結)


<懇親会> 17301930

 会場(学会・懇親会は同じ会場です)



http://takasaki.metropolitan.jp/

http://takasaki.metropolitan.jp/02_banquet/banq_tsugumi.html



IMG_030


第62回研究例会のご案内


東北芸術文化学会 第62回研究例会のご案内

 

 

                

 今回は弘前大学教育学部を会場として、次の四件の研究発表が行われます。多くの方々がご出席下さるよう、ご案内申し上げます。


 

 

 

 

14001430

1.学校教育における映像表現の可能性

―自己のドキュメンタリー制作を振り返って―


 弘前大学大学院 斎藤雅高氏

 

 

14401510

2.青森県津軽地域における伝統工芸産業振興への実践

―中南地域県民局地域連携部事業を中心にして―


 弘前大学大学院 古川智穂氏


 

15201550

3.青森県津軽地方と下北地方の灯籠制作技法の比較分析


弘前大学大学院地域社会研究科特別研究員 三浦俊一氏


 

16001630

4.彫刻制作におけるモチーフとの関わり―自己の制作活動より―


 弘前大学教育学部准教授 塚本悦雄氏

 

 

 


■日時:平成241215() 午後2時―430

■場所:弘前大学教育学部 美術教材室(449)4F
     
 弘前市文京町1番地   TEL0172(39)3384



IMG_032


第61回研究例会のご案内

東北芸術文化学会 第61回研究例会のご案内

 

 

 

今回は福岡市の福岡県立ももち文化センターを会場として、次の四件の研究発表が行われます。多くの方々がご出席下さるよう、ご案内申し上げます。

 

 

 

 

 

13:3014:00

1.情操教育への提言―現代の感性から観えるもの―


                      純真短期大学准教授 松尾麻紀


14:1014:40

2.イタリア式庭園におけるボスコの園路と迷路


活水女子大学教授 津田礼子氏


15:0015:30

3.中学校技術分野との関連を配慮した木工作
     
小学校中学年の授業実践を通して


                          弘前大学教授 蝦名敦子氏


15:4016:10

4.対話型鑑賞の意義と課題
     
上野行一著『私の中の自由な美術』(光村図書)を参考に


                        宮城教育大学教授 立原慶一氏


 

 

 

 

■日 時:平成24年10月19日(金) 午後1時30分―4時30分


■場 所:福岡県立ももち文化センター会議室5 福岡市早良区百道二丁目3-15

      (地下鉄 藤崎駅より徒歩1分・2番出口)

              TEL 092(851)4511




IMG_026


第18回大会プログラム


東北芸術文化学会第18回大会プログラム


 

■7月7日(第一日目)

◇日時:7月7日(土)午後1時~午後7

◇場所:仙台市情報・産業プラザ(通称・駅前「アエル」)5階 情報化研修室


<研究発表>


1.F.シューベルトの交響曲第一番の再考

        初期交響曲における比較をもとに

                  (午後1時30分~2時5分)

東北大学大学院博士課程 橋本智明


2.知覚的特性と美的特性との関係に関する一考察

     廣松渉の表情理論をてがかりに

                  (午後2時10分~2時45分)

石巻専修大学教授 松俊之 氏


3.地域性を取り入れた図工授業の実践

 (午後2時50分~3時25分)

弘前大学教授 蝦名敦子 氏


<休憩>

4.「円環を形づくる稜線」形態と情景についての考察

                  (午後3時45分~4時20分)

宮城教育大学教授 虎尾 裕 氏


5.陶芸の装飾技法~水削~の研究

                  (午後4時25分~5時)

宮城教育大学教授 浅野治志 氏


6.≪Isola Madre≫ イゾラ・マードレにおける制作過程とその背景

                  (午後5時5分~5時40分)

    石巻専修大学教授 近藤裕子 氏


7.ティーノ作の新発見の大理石製聖母子像について

                  (午後5時45分~6時20分)

群馬大学教授 團 名保紀 氏


8.エゴン・シーレのマウソレウム構想についての一考察

                  (午後6時25分~7時)

群馬大学大学院研究生 金田佳子 氏


<懇親会>                          (午後7時~午後8時30分)

          会場:仙台ガーデンパレス 1F コルヌス
         仙台市宮城野区榴岡区四丁目1番5号
         Tel022-299-6211


■7月8日(第二日目)

◇日時:7月8日(日)午前9時~午後1時

◇場所:仙台市情報・産業プラザ(通称・駅前「アエル」)5階 情報化研修室


<研究発表>                  


1.ロマン主義の自然と瞑想 ― 逍遥する光 ―

                  (午前9時~9時35分)

活水女子大学教授 津田礼子 氏


2.地域に根ざした美術企画展についての考察 ~アートの息吹展より~

                  (午前9時40分~10時15分)

真室川中学校教諭 伊藤 聡 氏


3.会津絵 ― 会津の漆絵漆器 ―

                  (午前10時20分~10時55分)

福島県立博物館学芸員 小林めぐみ 氏


4. 東日本大震災後の福島県立博物館でのアートによる復興支援事業

   (午前11時~11時35分)

福島県立博物館学芸員 川延安直 氏


5. My茶碗をつくろう~お茶会をしよう~和菓子をつくろう」の一連の実践から

   (午前11時40分~12時15分)

長井北中学校教諭 須田一成 氏

 

<総会>              (午前12時20分~12時50分)

 


▲ページトップへ

お問合せ|ホーム