東北芸術文化学会

お問合せ|ホーム

エゴン・シーレ没後100年追悼:「シーレ草案によるマウソレウム(霊廟)の模型公開」

エゴン・シーレ没後100年
追悼:「シーレ草案によるマウソレウム(霊廟)の模型公開」


エゴン・シーレ研究家 金田佳子 氏


 今年2018年はエゴン・シーレEgon Schiele(1890〜1918)没後100年にあたります。それに伴い祖国オーストリアでは数多くの展覧会が開催されます。著者もこの紙面をお借りし、シーレ草案による復活と永遠の命の意味を持つマウソレウム(霊廟)の模型の公開をすることで、シーレへの追悼とさせていただきたいと思います。

 シーレは20世紀初頭のオーストリア表現主義を代表する画家で、28年の短い生涯の中で、生と死及び宗教的なテーマを数多く描きました。このマウソレウムは草案されたまま未完成になった為、実際の建築物として存在しませんでしたが、シーレ作品の集大成に値するものだと友人で画家兼写真家のヨハネス・フィッシャーや作家兼批評家であったレオポルト・リーグラーの証言により考えられています。しかしながら、現在までこのテーマについて深い研究がなされてきませんでした。
 筆者は解読が困難な残された文書や作品、スケッチ等を資料にマウソレウムの研究を進め、ウイーン留学時にオーストリア美術研究者兼ドイツ語筆跡鑑定家であるハンスヨルク・クルーク博士の協力を得て、2001年にシーレの筆記体からドイツ語のブロック体へと転記し、マウソレウムの第一資料の明確化を図りその和訳もしました。さらに2010年には、建築家松田修一氏の協力により、その資料をもとにした模型を製作し、論文にも残しています。(参照、Yoshiko Kaneta: Egon Schiele und seine Beziehung zu Richard Hamanns Buch Die Früh-Renaissance der italienischen Malerei, Egon-Schiele-Jahrbuch Band II/III 2012/2013, Wien, 2015, S. 258-272.).



mausoleum

(図版1)
建築家松田修一氏の協力によるシーレのマウソレウム草案を元にした模型
(©金田佳子・松田修一、2010年)







Egon Schiele
(1890—1918)

In Commemoration
Model Mausoleum


by Yoshiko Kaneta


 In recognition of one of the exponents of Austrian Expressionism in the early 20th century, exhibitions and events are being held this year in Egon Schiele’s native country, Austria, to mark the centenary of his unfortunate death in 1918 at the early age of 28. The vivid intensity of his work as well as the details of his short life have been well documented.

 My own early exciting encounters with Schiele’s art, the scope of its humanity, the recurring themes of life, religion and death, instilled in me a desire to share my enthusiasm with my fellow Japanese. I thought it best to find an area with potential for further exploration.

 In search of a topic, I came across two descriptions, one by Schiele’s friend painter / photographer Johannes Fischer and another by writer / critic Leopld Liegler, both calling his plans for his never-built mausoleum the culmination of his life work. It was then I decided on developing a model of the mausoleum true to Schiele’s vision the best I could.

 The process was hindered by Schiele’s own illegible notes, but with the help of Dr. Hansjörg Krug, a handwriting expert and life-long student of Austrian art, it was possible to decipher them into German block print and then translate into Japanese. Subsequently working with architect Shuichi Matsuda, the model was completed and reported on (Yoshiko Kaneta: Egon Schiele und seine Beziehung zu Richard Hamanns Buch Die Früh-Renaissance der italienischen Malerei, Egon-Schiele-Jahrbuch Band II/III 2012/2013, Wien, 2015, S. 258-272.).



mausoleum

Fig.1: Schiele’s mausoleum as constructed with the aid of architect Shuichi Matsuda
(©Yoshiko Kaneta. Schuichi Matsuda, 2010)



▲ページトップへ

お問合せ|ホーム