東北芸術文化学会

お問合せ|ホーム

第19回大会プログラム

東北芸術文化学会第19回大会プログラム





◇大会案内(PDF)



■7月6(第一日目)


◇日時:7月6日(土)午後1時~午後7時

◇場所:石巻専修大学 5号館3階5303教室 ( http://www.isenshu-u.ac.jp/ )

 (石巻市南境新水戸1番地  電話0225-22-7717


<研究発表>


1.震災後の地域資源の見通しとアートマネジメント

                  (午後1時30分~2時5分)

石巻専修大学准教授 庄子真岐 氏


2.知覚的特性と美的特性との関係に関する一考察

    ― N.ハンフリーの進化心理学的仮説に依拠して

                  (午後2時10分~2時45分)

石巻専修大学教授 松俊之 氏


3.復興応援詩「ことば」作曲の背景にあるもの

                  (午後2時50分~3時25分)

石巻専修大学教授 近藤裕子 氏


<休憩>


4.「連なる稜線~円環を形づくる稜線より」 形態と空間についての考察

                  (午後3時45分~4時20分)

宮城教育大学教授 虎尾 裕 氏


5.彩磁と絵付の装飾効果の研究

                  (午後4時25分~5時)

宮城教育大学教授 浅野治志 氏


6.中学校における抽象絵画指導の実践

                  (午後5時5分~5時40分)

  長井市立長井南中学校教諭 須田一成 氏


7.中学1年生の自画像表現の考察

                  (午後5時45分~6時20分)

     金山町立金山小学校教頭   伊藤 聡


8.1900年代における写真表現―A.スティーグリッツとH.G.ポンティングの写真の比較―

                  (午後6時25分~7時)

東北大学大学院博士課程 矢島真澄美 氏


<懇親会>                          (午後8時~午後10時)


          会場:とりあえず吾平 石巻蛇田店
         石巻市蛇田字新大埣342
         Tel0225-21-5777



■7月7日(第二日目)


◇日時:7月7日(日)午前9時~午後1時30分

◇場所:石巻専修大学 5号館3階5303教室


<研究発表>                  


1.ヨーロッパ整形庭園における空間表象の特質と起源について

―フライ(Dagobert FREY)の分類の適用―

                  (午前9時~9時35分)

活水女子大学教授 津田礼子 氏


2.エゴン・シーレ作品における手の表現

                  (午前9時40分~10時15分)

群馬大学大学院研究生 金田佳子 氏


3.新出のブロンズ製キリスト像、その解釈とドナテッロへの帰属

                  (午前10時20分~10時55分)

群馬大学教授 團 名保紀 氏


4.学校教育における映像の役割

                  (午前11時~11時35分)

弘前大学大学院修士課程 斎藤雅高 氏


5.アート空間の活用弘前大学教育学部附属小学校を事例として

                  (午前11時40分~12時15分)

弘前大学教授 蝦名敦子 氏


6.幼児教育学科生による紙テクスチャを活用したボックスアート制作
紙で作るおべんとう箱より  

                  (午前12時20分~12時55分)

仙台白百合女子大学准教授 佐々木貴弘 氏


<総会>               (午後1時~1時30分)



▲ページトップへ

お問合せ|ホーム