東北芸術文化学会

お問合せ|ホーム

会員 大原 螢(渡部泰山・山形大学大学院准教授)氏に真壁 仁・野の文化賞

会員 大原 螢(渡部泰山・山形大学大学院准教授)氏に真壁 仁・野の文化賞

 

 

真壁 仁・野の文化賞運営委員会は2011年12月22日、第27回「真壁 仁・野の文化賞」の受賞作品が大原 螢氏の「東北芸術文化の水脈」に決まった、と発表した。

来年1月22日、山形市の大手門パルズで表彰式が行われる。

「東北芸術文化の水脈」は、真壁 仁を中心に画家 岡本太郎、詩人 永山一郎、舞踏家 土方 巽らを論じた批評・論文集。

選考委員会では「東北の芸術文化の基層に潜む豊かな精神世界を探り、世界へ通じる普遍性をたぐり寄せている」

「真壁 仁の芸術の道筋を明確に示し、東北に住む者が芸術文化の分野で進むべき方向性を示唆している」などと評価された。

野の文化賞は、詩人、思想家、文化運動家として活躍した真壁 仁の功績を顕彰しようと1985(昭和60)年に創設された。

県内在住者による優秀な出版物が対象で、今回は2010年10月から11年9月までの出版物の中から4作品が推薦され、選考委員会が審査した。

 

▲ページトップへ

お問合せ|ホーム